本文へ移動

融資サポート案内

アパートローンについて

アパートローンについてご説明申し上げます。
一般的には各金融機関の取扱い地区に対象物件がある事が第一条件になりす。また、申込者ご本人の居住地区に同じ金融機関があるかも必要です。
例えば、東京都内在住のお客様がアパートローンを申し込みになる場合は、
ローン申込をする銀行が対象物件地区にもある事が条件となって参りますので
札幌市内の物件ご購入については、札幌支店のある金融機関となります。
例えば、大手都市銀行・系列は良いと思います。
どこの金融機関も査定基準があり、それに基づいてのローン金額とされます。
あまりここでは詳しく言えませんが、○○○銀行は比較的に札幌市内の物件に
対しては、有効的なご判断が下されるなど特徴はございます。
?アパートローンの融資額につきましては、一般的には土地+建物=評価金額
かける80%とされております。
この80%以上の融資額を引き出すには、預貯金・属性・・等などにも
よります。
何より、ご購入者の頭金がどの程度あるのかもございます。
新築・中古物件ともに購入時には、頭金は必要です。
いつの時代もそうですが、頭金無しで来られるお客様がいます。
これは大変無謀です。多く借りられたとしても借りたご本人へローンとして
帰りますので、ご自分でしめているような状況下になってしまいます。
このことは要注意して下さい。
このアパートビジネスは、相手があり、そして、それは対人間とのビジネス
です。大変厳しいという事をご理解下さい。
一種のサービス業としてお考え下さい。
ほかのアパート家主が内装工事をして部屋を貸すとご自分はどうされますか?
しかし、内装がきれいな部屋から決まるとしたらどうしますか?
エアコンを付けたらどうしますか?・・あなたはつけませんか?
でも付けた部屋から決まるのなら・・・・・?
このような時、資金計画がものをいいます。
毎月の収支・残金・等などによりますが、営繕費用・予算が組めますか?
このような事が後から必ず出てくるのがアパート経営です。
従って、くれぐれも頭金を入れてアパートローンを申請して下さい。
?国の融資などもご利用になられるのもいいと思います。
特に大きなリフォーム費用については、低金利などもあります。
アパートローンのほかにリフォームローンも一緒に借りるという事は
あまりお勧めは致しません。
購入後すくせにリフォーム費用がかかるというのは、どうかと思います。
まずは、修理・履歴や工事計画などがないかを聞いて下さい。
その上で、資金計画立案になり、税務・保険・手数料・登記関係費用など
全てを参照の上でローン金額・計画案が必要となり、成功に導かれて参ります。

アパートローンNO.2

アパートローン2

各金融機関にて、アパートローンというものがございます。
申請を致します時に頭金がいくらございますか?という事を最初尋ねられます。
これは、最初にお話し致しますが、
一般的には頭金がないとローンは組めないという点をお知らせ致します。
よくセミナーなどで、頭金が無くても購入したというケースのお話しがあるようですが、
奇跡に近いお話しであると認識して下さい。
ほぼあり得ませんと断言しておきます。
近頃では、この手のセミナーが多いので、弊社がセミナーの講師になり
講演してほしいというお話しを頂きます。


●アパート購入時・ローン申込時

 アパート経営を目指す方は、最低でも価格の10%以上ご用意して頂きたいのです。
このほかに諸経費[購入時の税金・他・物件による]もご用意下さい。
最低でも、この程度の資金が無くてはローン申請は出来ません。
もし、札幌市内にてご購入をご検討されるのであれば上記内容は最低ラインとお考え下さい。
資金が全くなしという方が時々いますが、全部貸してほしいというのは無理なご相談です。
もし、反対の立場ならば皆様も同じことをお話しになると思います。
特に初めての方は、この点を重視して下さい。


●諸経費とは
  諸経費とは、ご購入時にかかる税金・手数料・火災保険のことを言います。
●登記料・土地・建物部分・H24.4月より値上げがございます。
●不動産取得税・・・ご購入後3ケ月〜4ケ月後に納付書が届きます。
●仲介手数料・・物件にもよりますが、価格の3%+6万+消費税となっています。
●火災保険料・・ローン年数期間分をかけるというのが一般的ですが、
  近頃では、5年分のみ、などというケースも時々認められます。
●金融機関手数料・・融資手続きにより各金融機関は実行時に差引されます。
●契約書・等々への印紙代もご用意願います。











株式会社とうしんエステート
〒065-0033
北海道札幌市
東区北33条東17丁目4番31号
TEL.011-784-8885
FAX.011-784-8875

――――――――――――――――――
1.不動産売買・賃貸・仲介並びに斡旋
2.建物の営繕・増改築及び企画・設計
3.不動産の管理業務
4.損害保険代理業
5.上記各号に附帯する一切の業務

――――――――――――――――――

■宅地建物取引業免許
  北海道知事免許・石狩(8)
  第4706号
■新規取得免許 建設免許
  北海道知事許可(般-24)
  石 第19447号

■第2種金融商品取引業登録

 北海道財務局長(金商)第39号
――――――――――――――――――

TOPへ戻る